1. ホーム
  2. 受託サービス
  3. 安全性評価

受託サービス

安全性評価

肝臓・代謝毒性は臨床試験における開発中止の大きな要因の一つであり、前臨床試験段階での毒性評価の重要性が高まっています。現在は実験動物を用いた肝毒性試験が行われていますが、肝臓機能は種差・人種差が大きく、ヒト肝細胞を用いた試験系の構築が望まれています。
しかし、肝細胞は体外に分離して平面シャーレで培養すると急速に肝機能を失い、有効なin vitro試験法は存在しませんでした。
SCIVAXライフサイエンスは、肝機能を高く維持することが可能な3次元培養法を用いた薬剤安全性試験を実施します。

化合物の肝毒性、代謝毒性評価をしたい方
肝細胞の3次元培養による
薬剤安全性試験