1. ホーム
  2. 受託サービス
  3. がん研究・抗がん剤開発
  4. 3次元培養系における抗がん剤スクリーニング

受託サービス

3次元培養系における抗がん剤スクリーニング

抗がん剤活性のある化合物探索をしたい方へ

お客様が保有するライブラリー(化合物、抗体、スキャフォールド等)についてご希望の3次元培養法を用いたスクリーニング試験を実施します。自動分注器、セルイメージャーを保有しており、10万化合物レベルの大規模スクリーニングが実施可能です。2D vs 3Dの比較試験も実施可能です。

実施項目
実施内容
実施項目
スクリーニング実施時における
至適培養条件の設定
実施内容
培地、添加物、細胞播種密度の条件検討を行い、使用細胞株においてスクリーニングに適した成長曲線が得られる培養条件を決定します。
実施項目
薬剤スクリーニング
実施内容
スクリーニング対象薬剤の細胞増殖能に及ぼす影響をATPアッセイにより評価します。作用濃度、n数はご相談の上、設定させて頂きます。
実施項目
Morphology変化の観察
実施内容
薬剤処理時のスフェロイドのMorphologyを撮像し、データ解析に利用致します。画像データは試験終了後提供致します。
実施項目
Option
ターゲット遺伝子・
タンパク質分析
実施内容
ご希望の抗がん剤ターゲットをお持ちの場合、ターゲットの遺伝子発現、リン酸化等の定量・分析を行い、至適培養条件を設定致します(オプション)

Example Data

2D vs 3Dスクリーニング比較実施例

1330種類の細胞傷害性を示すことが知られている化合物ライブラリーを用いて2D、3Dの細胞傷害性スクリーニング比較を行いました。平面培養下で高い細胞傷害性を示す化合物であっても、3次元培養下では活性の低い化合物が多数見られました。

化合物によるスフェロイドMorphologyに与える影響を評価

PRICE
5,500円/well~