1. ホーム
  2. 受託サービス
  3. がん研究・抗がん剤開発
  4. 3次元培養系における薬剤感受性評価

受託サービス

3次元培養系における薬剤感受性評価

新規抗がん剤候補や細胞株を用いた薬剤感受性評価をしたい方へ

ご希望の3次元培養法を用いた薬剤感受性試験を実施します。新規抗がん剤候補の増殖阻害濃度の算出や新規樹立細胞株に対する既存抗がん剤の感受性評価を行います。2D vs 3Dの比較試験も実施可能です。

実施項目
実施内容
実施項目
最適な薬剤濃度域の設定
実施内容
使用細胞株における成長曲線の作成と薬剤の有効濃度域を明確にするための予備試験を実施します。
実施項目
薬剤処理による増殖阻害評価
実施内容
有効濃度域における薬剤の細胞増殖能に及ぼす影響をATPアッセイにより評価します。増殖阻害濃度(IC50)の算出も行います。
実施項目
Morphology変化の観察
実施内容
薬剤処理時のスフェロイドのMorphology変化の観察を行い、増殖阻害以外の薬物の影響も評価します。各画像は試験終了後提供致します。

Example Data

BT474細胞のPaclitaxelに対する感受性試験

細胞播種翌日に薬剤処理を行い、播種4日目にATPアッセイにより生存率を求めました。
平面培養下に比べ、3次元培養下のBT474細胞はPaclitaxelに対して抵抗性を示しました。

PRICE
5,500円/well~

試験実施例
こちらよりPDFファイルをダウンロードいただけます。